【PR】
無料動画【インターネットで副収入を得る方法】
FXスキャルマスター!超短期デイトレード手法


2007年10月16日

亀田大毅に残された反論は提訴?訴訟?海外脱出?

日本ボクシングコミッション(JBC)から処分を受けた「亀田家」の父・史郎トレーナー(42)は15日、文書でコメントを出しました。

自身への処分には納得しているとしたが、大毅への処分は重すぎると不満を示したのです。

亀田家に残された反論手段はあるのでしょうか?

この日付で父・史郎トレーナーは無期限のセコンドライセンス停止となりました。

昨年9月、大毅の試合後に観客席でファン同士の乱闘騒ぎが起き、史郎トレーナーが扇動したとしてJBCから厳重注意処分を受けた。

3月にはレフェリーへ暴言を浴びせて戒告処分が科され、今回は厳罰となりました。

大毅は1年間、ボクサーライセンスが停止されました。今は昨年8月に長男・興毅(協栄)が世界王座を奪取した試合の判定をめぐるバッシング以上の逆風にさらされています。

史郎トレーナーは13日にJBCではなく、東日本ボクシング協会の大橋秀行会長を訪ね、一家3人全員が3カ月間謹慎すると申し入れたのだそうですが、JBCの処分ははるかに重かったことになります。

それでもこのがけっぷちの亀田家が取りえる手段はあるそうです。

JBCへの提訴、民事訴訟、JBCの処分が及ばない外国へ脱出するという方法です

まず、JBC規則第50条による「提訴」ですが、異議を申し立て、JBCの審議を経たうえで、再審議を求めることができます。

けれども、JBCが正式な手続きにより下した処分だけに、再審議で“減刑”などの判断がされる可能性はきわめて低い。

司法の手にゆだねる方法もあます。

JBCを相手取り、処分の取り消しなどを求める民事訴訟を提起し、法廷で抗戦する。それも時間、労力がかかる半面、「勝訴」を得られる可能性は微妙。

海外への脱出という“奥の手”も考えられます。

安河内剛事務局長は「最終的に判断するのは各国のローカル・コミッション」というように、JBCが下した処分を適用しない国もあるとか。

2月にJBCから引退勧告を受けながら、ルールが及ばない豪州・ニューサウスウェールズ州で現役を継続させた西沢ヨシノリ(42)のケースがあます。

けれども、試合を行う際にはJBCに照会があり、関係者によると、JBCの裁定が尊守される可能性が高いということです。

つまりどのようにしても亀田家の四面楚歌状態は、かわらない!?ようです。(サンスポ)⇒ranking

JBCへの提訴、民事訴訟、外国脱出のどの方法も厳しそうです。

これ以上何もことを起こさず静かに反省をしたほうがよさそうですね。⇒ranking

闘育論―亀田流三兄弟の育て方

位置情報最新芸能ランキング情報】

浜崎あゆみが同棲!新恋人の正体とは!?
raking8位の寝ても覚めても芸能アイドルさんへ

最新能情報はrankingでチェック!

芸能広場ブログ村 芸能ブログでもチェック!

芸能界、ジャニーズのうわさは⇒こちら

     

   

ミニミニ芸能情報のトップページへもどる



ラベル:亀田大毅
posted by ranking at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ
7日間の集計の合計になっています。

ミニミニ芸能情報

ranking.gif にほんブログ村 芸能ブログへ 人気サイト ページビューランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。