【PR】
無料動画【インターネットで副収入を得る方法】
FXスキャルマスター!超短期デイトレード手法


2006年08月09日

八百長疑惑で異例の聴取!亀田戦で

亀田興毅(19)が王座を獲得したWBA世界ライトフライ級王座決定戦で、WBAが八百長疑惑について、敗れたランダエタ(27)や判定ジャッジを事情聴取する意向なのだそうです。

WBAの本部は敗れたファン・ランダエタの母国ベネズエラにあります。芸能ranking

8月2日の王座決定戦の判定については、ベネズエラのメディアでも連日、大激論が交わされているとのこと。

そうしたなか、一部地元紙は、WBAが近くランダエタを事情聴取すると報道しているそうです。

判定に疑惑があるというより、むしろランダエタ自身の戦い方に問題があったのではないかとのこと。

ランダエタのジム側は「何もやましいことはない」と、まるで疑惑の釈明をするようなコメントを出しているとのこと。

格闘技ジャーナリストの片岡亮氏によると

「そもそも、あの判定にランダエタ側が強い抗議をせず、提訴もしなかったことに疑問の声が上がっているようです。

地元のボクシング関係者は『ジャパンマネーに負けた』とまで話しています」

とのこと。

この件で取材をしている片岡氏に対してWBAから直接、メールで回答があったそうです。

〈我々は不正義があったとは考えていない〉と断りながらも、〈日本でも我々の国でも、社会的な現象として無視できない規模の議論となっている。

それで、我々はランダエタと担当ジャッジに話を聞くつもりだ〉と関係者に事情聴取を行うことを認めていて、さらに試合のビデオチェックも行うそうです。

負けた側が判定に不服もいわず、提訴もしていないのに、WBAがこうした対応をとるのは、異例とのこと。

なので、たとえ、ビデオチェックや事情聴取が行われても、世論を納得させるための形式的なもので終わり、再試合を求めるといった事態にはならないのではないかと片岡氏はいっているそうです。

もともとランダエタは昨年末に『引退する』と話していたことがあるのに、
突然、階級を上げ、反対に階級を落とした亀田と戦うことになった経緯が異例で、ベネズエラでは最後のひと稼ぎに日本に行ったのでは?との見方もされているとのこと。
 
世界のボクシングファンが注目するネット上のボクシング関係サイトでは、
英語で「亀田はヒーローそれとも悪党?」といった記事が掲載されたりなどしているのだそうです。芸能ranking


事情聴取ですか…。ますますおおごとになってきましたね。芸能ranking


参考記事
WBA異例聴取…亀田戦、ランダエタに八百長疑惑

安田美沙子に熱愛発覚!柏原収史と自宅でデート
ランキング3位の寝ても覚めても芸能アイドルさんへ

最新能情報は芸能rankingでチェック!

芸能界のうわさは芸能界のう・わ・さ!!


posted by ranking at 21:54| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

期待外れの週刊文春
Excerpt: 他の週刊誌が小さな扱いをしている中で、週刊文春は総力特集「亀田興毅『汚れた闘拳』」をトップ記事に持ってきた。特に「ランダエダ独占激白『全ては仕組まれていた』」は、昨日電車の中刷広告で見ていろいろ想像し..
Weblog: シモキタ界隈フオ〜〜
Tracked: 2006-08-09 22:36

ブログパーツ
7日間の集計の合計になっています。

ミニミニ芸能情報

ranking.gif にほんブログ村 芸能ブログへ 人気サイト ページビューランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。