【PR】
無料動画【インターネットで副収入を得る方法】
FXスキャルマスター!超短期デイトレード手法


2006年07月01日

安岡力也、奇病「ギラン・バレー症候群」発病

タレントの安岡力也(59)が、手足が動かなくなる「ギラン・バレー症候群」の疑いで、6月20日から東京都内の病院に入院しているそうです。芸能ranking

このため、主人公ピッピの父親、ロングストッキング船長役で出演が決まっていた7月30日初日のミュージカル「ピッピ」を降板。

他に22日に中野サンプラザで開催される「GSカーニバル」、ゲスト出演を予定していたテレビ朝日系「桃太郎侍」などの出演もキャンセル。

所属事務所によると、安岡力也は腰の痛みを訴えて6月20日に検査入院した際、「ギラン・バレー症候群」の疑いがあると診断されて即入院したそうです。

両手両足がしびれている状態ですが、意識はしっかりしているそうです。

この病気は、筋肉を動かす運動神経が傷つき、両手両足に力が入らなくなる病気。10万人に1人の奇病といわれています。

命に別条はなく、人工透析のような形で、血液を入れ替えるのだそうです。
退院は1カ月後になる見通しで、その後もリハビリが必要とのこと。

神経内科系の病気では完治しやすいとされるが、1年以上たっても回復せず、手足に動かせない部分が残るケースもあるとのこと。

ミュージカルについては安岡力也も「ライフワークにしたいと思っていた。残念だし、悔しい」と話しているそうです。

「ピッピ」の代役は友人の俳優、団時朗(57)が務めます。

安岡力也は昨年1月に肝臓の中に膿疱(のうほう)ができる「多発性肝膿疱症」で手術を受けたが、今回の病気との因果関係はないとのこと。


「ギラン・バレー症候群」という病気ははじめてしりました。

安岡力也さんは最近テレビで見かけないな…と思っていたのですが、地道にやっていたのですね。

命に別状はないということなので治療に専念してほしいですね。芸能ranking


最新能情報は芸能rankingでチェック!

武勇伝―男は、誰のために、何を守るために戦うのか


芸能ranking



posted by ranking at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ
7日間の集計の合計になっています。

ミニミニ芸能情報

ranking.gif にほんブログ村 芸能ブログへ 人気サイト ページビューランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。